健康

うつ病を患った人に「ブログを書くこと」をすすめる2つの理由。

投稿日:

うつ病 女性

僕がうつ病だった経験があることから、うつ病で苦しんでる方からメールをもらうことがあります。ロサンゼルス駐在時に適応障害からうつ病になり、休職と職場復帰を何度もくりかえしましたからね。そのことをべつのブログで書いてるので、なにかしらの助言が欲しいといったとこでしょう。

 

僕はトータルでは2年間ぐらい休職したし、俗にいう、うつ病の再発というのも幾度となく経験してきました。で退職したのもうつ病の症状がキッカケだったわけで、一度かかるといい意味でも悪い意味でもその後の人生を大きく変えるのがうつ病という病気だと思います。

 

そこで、うつ病を患ってから、いまブログとネットショップ運営で生活できるようになったので、うつ病の方へアドバイスできることを書いておきます。

もちろんこの方法が僕には有効であっただけで他の人すべてに当てはまるとは言えません。

 

ただブログを始めたことでかなり救われたのは事実なので、選択肢の一つとしてこんな方法もあるんだと頭の片隅にでも入れとくと役立つときがくるかもしれませんよ。

ブログで得られるメリット

ブログというと、昔ながらの日記を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

うん、僕もはじめる前まではそうでした。芸能人のブログやアメーバブログがそうした日記帳のものが多いのがその原因かもしれません。

 

ただ今じゃブログといっても日記ではなく、お役立ち情報を提供するものもかなり増えてきています。

みなさんも経験ありませんか?

困ったのでネットで検索して情報を探すこと。

 

そうすると役立つ情報ってかなり多いじゃないですか。興味ある商品の口コミが知りたくて検索したら、購入した利用者のブログ記事がでてきてすごく参考になったとか。

 

そう、たんなる日記ではなく誰かの役にたつ情報を書くのもブログです。

そうしてそこに広告を貼り付けることで収益化ができるので、ブログを書くことでお小遣いを稼ぐことさえできてしまいます。いや、お小遣いというより副業として、はたまた本職にしてしまう人までいるのが今のブログなのです。

 

まあそれだけじゃなくメリットはいくつもありますが、ここでは2つにしぼって見ていきたいと思います。

ストレス発散になる!

うつ病でブログを始める最大のメリットはこれです。

まず何よりも書くことは大きなストレス発散になります。うつ病は脳内のセロトニンという気分を落ち着かせる物質の分泌が弱くなることが原因で気分が落ちこむわけですが、そうすると計算能力だったり集中力にも影響がでて、まわりとの人間関係もうまくいかないことが出てきます。

 

僕もそうでしたが、そうすると周りが何を言おうと会話することが億劫ですし、だんだんと人との接触を避けるようになってしまいます。それは客観的にみてあまり好ましい状況ではないものの、うつ病患者の視点でみると仕方ないんですよ。だって思うように頭が働かないんだから。

 

話すことが尋常じゃないぐらい疲れるし、ふつうの会話についていくことができません。そういう状況になれば、人と会うことが恐怖に感じられるのも当たりまえといえるでしょうな。

 

でもそうすると人との会話がほとんどないので、自分の気持ちや考えを発する(アウトプット)場所がなくなります。これが自分でも気づかないうちにストレスとして蓄積されていくので、どうにかしてストレス発散の場が必要になってくるんです。

 

スポーツをしたり読書をしたり映画を見たり、いろんなストレス発散の方法がありますが、これらはすべて自分の内面の気持ちを発する(アウトプット)する場ではないんですよね。スポーツは自主的で一見そうもみえるかもしれないものの、内面の気持ちまでは発散させてはくれません。

 

だからこそ僕はブログをすすめます。

そして単に手帳などに日記を書くよりも、ブログとしてネット上に公開することで社会とのつながりを感じることができます。ネットという海原に自分の気持ちや考えを公開することで社会との接点ができて、しっかりと書きつづけてればコメントをもらうこともあります。

 

それにツイッターやフェイスブックといったSNSを連携させておけばそこからの交流だって始まるかもしれませんし、趣味仲間、うつ病で苦しんでる仲間だって見つかるかもしれません。なかなか実生活では出会うことがないような同じような境遇の人ともつながるチャンスが、ブログだけではなくネットにはあるんです。すごい!

 

僕はうつ病で苦しんでた当時、ブログはもとよりツイッターやフェイスブックを一切やってませんでした。というよりもそうしたものが徐々に流行りだしてきたのを横目にみながらも、どうにも始める勇気を持てずにそのまま時間ばかりが経過してしまいました。

いま考えると本当にもったいない…。

 

もしうつ病になる前からブログを書いてたら、ツイッターやフェイスブックをやってたら、もしかしたらうつ病そのものを発症することもなかったのかもな…とさえ感じるほどですよ。タラレバは二度と起きませんが…。

それだけネットの世界というのは使いかた次第ではストレス軽減に有効です。ね。

副業や本業になる!

これは上記にも書いた通り、ブログを書くことで結果的に収益を得ることができるようになります。収益化には書き続けることやテクニックが必要になりますが、トライ&エラーを続ければ誰でもある程度までは稼げるようになるでしょう。

 

うつ病の人は、人間不信だったり人とのコミュニケーションが苦手です。これは鶏が先か卵か先かといった話にも通じるものがあり、人とのコミュニケーションが苦手だからうつ病になった方もいれば、過度なストレスが引き金となりうつ病を発症し、それから人間関係が苦手となった方もいるはずです。

 

ただ言えることは、そうした人との付き合いにストレスを感じて仕方ないのであれば、自分にとって居心地のいい人間関係だけを持てばいいんじゃないでしょうか。行きたくもない会社で嫌な上司や同僚からストレスを受けつづける生活よりも、たった1人や数人としか交流がなくても、楽しく気持ちがいい毎日をおくれるほうがよっぽど健全ではないでしょうか。

 

僕はまさにそうした考えで、いまの僕は家族と妻以外の人たちとはほとんど交流を持っていませんし、それで十分だと感じています。

むしろそれ以上の関係ができると重荷に感じることもしばしばあったので、寂しさや孤立感といったものを感じることがない!いえば嘘になりますが、とくに交友関係をつくろう、広げようともしていません。

 

このあたりは個人それぞれみんな違うでしょうから、自分にとっての居心地のいい生活ができる交友関係を意識すればいいのだと思います。友人の数も、連絡頻度も。

 

と話が脱線気味なので話を戻しますと、ブログは副業としての収益だけでなく、本業として生活する収入を得ることも可能です。生活するレベルになるにはそれ相当の努力が必要となるものの、実際に僕はブログ収入を柱にして生活できてるのでそれは可能だとハッキリと言えるんです。

うつ病の人はブログを書け!

この記事で僕が一番言いたいことはこれです。

そう、うつ病とブログは相性がかなりいいんですよ。

それは上記の「ストレス発散になること」と、「人と会わずに収益を得られること」が主な理由です。

 

うつ病の人、またはうつ病を経験した人は、人間関係の恐怖心から抜けられない方はかなりたくさんいます。それにもかかわらず、そうした人でも社会人としてどっかの企業に就職して給料をもらうことが生活する唯一の手段だと思ってる人の多いこと多いこと。

 

そこで感じるストレスがうつ病の治療には天敵だっていうのにね。これがすごく残念だし、こうした風潮がもっと減ればいいのに…。

 

うつ病で休職中だったりフリーターだったりニートだったりする人に僕が言いたいのは、お金を稼ぐ方法は会社に勤める以外にも方法はあるよってこと。

 

もし毎日朝から晩まで仕事してうつ病が再発する恐怖と戦ってるぐらいなら、住んでる家の家賃を下げたり実家に戻ったりして固定費を下げて、週3回、週2回ぐらいまで過度なストレスを感じる頻度を下げたほうがいいんじゃないでしょうか。

 

それでブログを始めて収益化をすすめてみてもいいでしょうし、そのままバイトを継続してもいいでしょう。すこしずつ自分なりの生活スタイルを模索してみては?

実際にそれでうまくいってる人を何人も見ていますよ。

 

とはいえ、うつ病というのは思考回路までも働かなくする病気なので、まずはとにかくゆっくりと休むことが大切です。

確定申告を簡単にする、おすすめのクラウド会計ソフトを紹介!

MFクラウド

銀行口座やカード番号を連携させることで、自動でデータ入力や仕分けをしてくれるクラウド会計ソフトです。

提携先は国内最多の3600以上で、わずらわしい日々の記帳や確定申告の手間を大幅に減らしてくれますよ。

スマホからレシートを読み込めるのも便利です。

ハンドメイド制作に集中するためにも、こうした効率化ツールは積極的に利用したいところです。

無料で始められるので、ぜひ試してみてください。

-健康

Copyright© abroood , 2018 All Rights Reserved.