iichi(いいち) minne(ミンネ) Creema(クリーマ) dクリエイターズ tetote(テトテ) ハンドメイド

minne(ミンネ)creema(クリーマ)tetote(テトテ)iichi(いいち)ハンドメイドのオンラインマーケットはどこが売れるか?

更新日:

手づくり品をつくる主婦のみなさん!

本格的な革製品をつくるクリエイターのみなさん!

オリジナルデザインのTシャツをつくるみなさん!

 

数あるオンラインマーケットからどこを選べばいいか、迷っていませんか?

作品づくりに集中したいけども、それと同時に販売して少なからず利益をだしていく。本業の方もいるでしょうし、趣味ではじめてちょっとしたお小遣い程度にでもなればいいと考えてる方もいることでしょう。

 

オンラインマーケットそれぞれにちがった特徴があるので、それをまとめていきたいと思います。なかには僕がシルクスクリーンで作ったTシャツで2年以上にわたり利用しつづけてるものもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

tetote

手づくり色が強いので、主婦の方が趣味や副業としてやるのにすごくいいと思います。おしゃれなセレクトショップなどお店に並ぶような商品とは一線を画すので、ターゲットがわかりやすくていいなと。

 

ぼくは2年ほど利用してそのご退会しました。サイト全体の手づくり感が次第につよくなっていき、1年目こそ売れれたものの、2年目はまったくもって売れませんでした。

 

この手づくり感が満載で活況のあるオンラインマーケットは他にないので、ドンピシャで合う人には最高でしょうね。

参考 ⇒ tetote(テトテ)は売れないので、退会しました。

minne

アイデアに富んだ商品が多く、販売されてる商品の価格は、creemaやiichiとくらべて低め。わいわい楽しい雰囲気があふれてます。

 

本格的で高級路線ではないので、かわいい雑貨や、ユニークなデザインのTシャツとかいいでしょうね。

僕らの商品(シルクスクリーンで作ったデザインTシャツ)はたま〜に売れてます。1枚5000円前後なので価格的に合わない・・・

 

でも商品の登録がほかにくらべて楽なので、とくにやめるつもりもなく使いつづけてます。 管理しやすいのがいい。

参考 ⇒  minne(ミンネ)を退会しました。「売れない」から「売れる」ための次のステージへ。

creema

ハンドメイドのオンラインマーケットのなかで一番本格的だと思います。おしゃれで洗練された、ブランド感が満載の商品がならび、プロのブランドとして世に出てる人も多いのがココ。

 

値段も高めに設定されてて、ネットショップはここに一本化してる人たちもいるぐらいです。

 

ぼくらの売上は1年目はあまり良くなかったものも、いまではここからの購入がほかより断然多いです。

ただし、自社ホームページや通販ページへのリンクが禁止されてたりと、そうした規約は比較的きびしめ。

参考 ⇒ 売れる?売れない?CreemaでTシャツを2年間販売して思うこと。

iichi

ナチュラルでハイクオリティの商品が多い。手づくりというよりも、クリエイターや職人の作品群。価格もそれなりに高め。Creemaが洗練されたモダンなマーケットというのにくらべて、同じようにプロ仕様の高品質でもここは自然派がつどう感じ。

 

個人的に好きです。ただ1年目は一番売れてたんですけどねぇ・・・いまはポツンポツン。

参考 ⇒ iichi(いいち)を退会しました。その理由と退会方法についての考察。

dクリエイターズ

ドコモが手がけ、数年前にバンバンテレビコマーシャル流れてたので知名度はあるでしょうね。ただどうしても参入した時期が遅く、完全に出遅れてしまった感がハンパないです。

 

ぼくは利用してませんし、まわりで利用してる人をあまりみかけません。それに手数料が高かかったり、登録するには書類の手続きが必要だったりと、なにかと使いづらい話がちらほらと聞こえてきます。

 

たしかここがスタートする前にメールもらったんですよねぇ。「ドコモとしてハンドメイドに特化した売買サービスをはじめるので、登録してみませんか?」といった感じで。

 

それでドコモというビックネームで本格的にやるような話で興味もあったので、メール返信したのにその後音沙汰なし。迷惑メールのようにどっかからリストを持ってきて、ハンドメイド売ってる人に手当たり次第メールしたのでしょう。

あまりいい気分はしないですね・・・

参考 ⇒ dクリエイターズは売れない。そうした評判を聞くので僕なりの感想を。

etsy

海外でのハンドメイドのオンラインマーケットの先駆け。

おそらく上述のいまでこそ日本で定着しつつあるサイトも、このetsyの影響をうけたとこも多いことでしょう。

 

日本でもサービスをスタートするようですが、まだ本格的にはスタートしてないみたい。なので海外限定となりますね。

 

僕らはTシャツで海外市場に売ろうとやってみたことありますが、(ぼくの妻はオーストラリア人で英語ネイティブ。だからあるていどはイケると踏んでました。)1年半ほどやってみてギブアップ。ひとつも売れませんでした。

 

なかには売上をあげてる人もいるようですが、わざわざ日本の出品者から買う必要があるもの以外は難しいでしょう。

 

よくよく考えてみればあたりまえの話で、送料がどれぐらい掛かるのか、なにかあったときに英語でやりとりできるのか、海外で日本から購入する場合にはどうしてもこうしたリスクがあることになります。

 

だからどうしてもココでしか買えないもの、または価格がメチャクチャ安いもの以外は売れないんじゃないでしょうか。

日本の桜や忍者、富士山なんかをモチーフにしたTシャツがかなり売れてるのは見ました。

参考 ⇒ イラストのダウンロード販売方法。シャッターストック、ピクスタよりもEtsyがおすすめ。

ハンズ・ギャラリーマーケット(Hands Gallery Market)

東急ハンズが運営するオンラインマーケットですが、使い勝手はよくありません。どれぐらいの人がページや商品をみてくれたのか計測できないので、モチベーションが上がらないこと必至です。

 

ここはネットもやってるものの、それよりも東急ハンズ内でクリエイターが小スペースを借りて販売できるサービスをやってるので、そこがメインなはず。

その予約もここのサイトからできるようになってたりと、感覚的には7対3ぐらいでネットのほうには力を入れてない気がしてきます。

 

ぼくらもネットで出品してみましたが、売上はゼロ。

それだけじゃなくやはり閲覧者の数がわからないので、商品をいくつかアップしたとこでやる気がなくなり、5点ぐらい登録したとこで放っておきました。

 

1年ほど続けてはみたものの、ダメでしたねぇ・・・

TSUKURU(ツクル)

調べてみたところ、もう閉鎖してしまったみたい。

ここは3年ほどまえに僕らが商品を販売しはじめたとき、はじめてネットで売れたとこなんですよね。

 

経験したことある人はわかるでしょうし、まだの人はこれからでしょうが、もうあの初めて売れたときの感動は凄まじいものがありました。

うれしくて、跳びはねて喜んだのがなつかしい。

 

ここはページのデザインも洗練されてて、すごくモダンで近代的でした。ただ利用しづらい雰囲気だったかな。

おしゃれすぎる建物だと気が張ってなかなかリラックスできないような、そんなオンラインマーケットでした。

まずはminne、creemaでいいのでは?

いまから登録してはじめるのであれば、オススメはこの二つ。

あとは、「ザ・手づくり品」といった商品のばあいは、tetoteを利用するのがいいと思います。どれも一長一短、雰囲気がずいぶんとちがうので、サイトを見てから自身のつくるものと合ったマーケットではじめてみるのがいいでしょうね。

 

あとは複数のサイトで販売してみることをオススメします。商品の説明文などはコピペで使いまわせますし、2、3サイトであればそれほど手間にはならないですよ。

 

色々と試した結果、ぼくはいまCreema、SoooooS(これはエコに特化してる特殊なマーケット)、自社ネットショップ(BASEで作成)で販売しています。

あるていど余裕があるようなら、ハンドメイドマーケットを試しながらも、この記事の下のほうで紹介したBASEで自社ネットショップを作って育てていくといいでしょう。

ハンドメイド販売に役立てたいサービス3つ!


1位 Square(スクエア)

クレジットカード決済をどこよりも簡単に導入できるサービスです。

小さな端末をスマホやタブレットに差し込むだけで使えます。

決済手数料は3.25%と破格の安さで、月額固定費はなんと無料!

現金の持ち合わせがなく買いたくても買えないお客様を逃さないためにも、イベントや実店舗で販売する人は必須です。

 

さらに、4980円のカードリーダーが無料になるキャンペーン中なので(なくなり次第終了)、この機会にぜひ導入しておきましょう。


2位 ビスタプリント

名刺、チラシ、マグカップ、Tシャツなどの販促グッズを販売するサイトです。

60種類以上もあるので、ハンドメイド作品の販売に役立つこと間違いなし!

テンプレートがたくさんあって素敵なデザインが簡単に作れます


3位 freee(フリー)

国内シェアNo.1のクラウド会計サービスです。

簿記や会計の知識を必要とせず、自動でデータ入力や仕分けをしてくれます。

ユーザー数はなんと60万人!それだけの人が便利さを実感していることになります。

無料のお試し期間があるので、まずは始めてみるといいでしょう。なんか違うなと思ったらやめればいいだけです。

-iichi(いいち), minne(ミンネ), Creema(クリーマ), dクリエイターズ, tetote(テトテ), ハンドメイド

Copyright© abroood , 2018 All Rights Reserved.