モネの池は幻想的な景色が楽しめる非日常空間。岐阜駅からシェアカー使うと便利だよ。

岐阜県関市モネの池 絶景

美しすぎる岐阜の図書館、メディアコスモスに立ち寄るまえ、噂のモネの池に行きました。岐阜にモネの絵画のような美しさから名づけられた池があるの、知ってます?

ときどきテレビや雑誌などでも紹介されてるようで、いまでは知る人ぞ知る穴場の観光地なのではないでしょうか。雨がパラパラと降ったり止んだりする天候でしたが、よってきたのでレビューします。




モネの池

岐阜の山のなかにポツンとあるので公共の交通機関では行けません。正確にはバスで行くことは可能なようですが、便数がすくなくどうしても利便性がわるいので車でいくしかないでしょう。観光名所としてもまだまだ未発達なのか、観光バスも一台も見当たりませんでした。

そんななか、僕らは車をもってないので岐阜駅からタイムズのカーシェアリングを利用。

で、きてる人は高齢者がおおく、マイカーでのんびりとやってきた人がたくさんいた印象です。ただ平日だってのに池まわりは人で埋めつくされるほどの人気ぶり。ちっちゃな池も駐車場もにぎわってましたよ。

モネの池の透明度

モネの池 透明度

まずはじめに着いたとき、思ったよりも透明度がよくないことに驚きました。全体的ににごってる感じ。あちゃ〜想像してたのとちがうなーと。かなり残念感があったものの、どうやらこれはパラパラと小雨が降ってたのと空一面が雲で覆われてたため。

 

途中からすこしだけ晴れ間がさし、そのときに見ると透明度がかなり上がってました。人間の視覚による部分が大きんでしょうね。日差しの有り無しで印象はかなり変わります。それと、雨がふるとどうしても水がにごりやすくなるみたい。日光がサンサンと照りつける日にいくといいでしょう。

池には鯉(コイ)がいっぱいいて、とくに真っ白のが神秘的だった〜。なんとなくご利益ありそうです。あんましそういったの信じないけど。笑

岐阜県関市モネの池

 

モネの池の周辺

ちなみにモネの池の周辺にはレストランが一軒あるだけで他に買い物するようなとこはありません。車で向かえば途中に道の駅があるのでそこでちょっとした腹ごしらえをするといいでしょう(できたかな?)。まあ自動販売機やトイレはモネの池にもあるので安心ですね。

でちょうど季節だったのか、モネの池の真横には大きなビニールハウスがあり、そこで色々な花が販売されてました。きれいだったので写真をパシャリ。

きれいな花

100円から色とりどりの花が販売されてたので、買ってる人が結構いましたよ。ま、そうしたことからも来訪者は自宅からそれほど遠くないんだろうと想像がつきます。何泊もするんだったら、ふつう花は買わないよね。

ちかくの橋からは緑豊かな絶景〜。癒やされます。

モネの池の周辺

モネの池のとなりには根道神社があり、そこまでのスロープを歩いてると葉っぱにしがみついた赤ちゃんガエルを発見!。かわいい〜。

この日は風もつよく、ものすごい勢いで揺れてるのに全く落ちる気配なしです。手足がうまくくっつく構造になってるんだろうね。ぴた〜〜〜っと。

葉っぱにしがみつくカエル

 

冒頭で書いた通り、このモネの池は公共の交通機関でいくところではありません。もし車を持ってないなら、僕が今回したように岐阜駅からカーシェアリングの利用をおすすめします。

あまり知られてませんが、カーシェアリングは日本全国どこでもスマホから簡単に予約して使えて便利なんですよね。レンタカーとちがって時間制じゃなく使った分だけ支払う仕組みだし。

ただいきなり利用できるわけではなくタイムズカープラスの会員になる必要があります。興味あれば検討するといいでしょう。岐阜駅周辺にも5ヶ所以上のステーションがあり便利です。

 

モネの池(根道神社)

住所:〒501-2901 岐阜県関市板取448

参考:モネの池/根道神社(トリップアドバイザー)