スリランカ

急な腹痛の原因はストレス!その対処法は?

更新日:

高速バスや車での渋滞中に急な腹痛がはじまり、トイレに行きたくなったことありませんか?

 

そうした緊急事態を防ぐために、できるだけ下準備はしておきたいもの。
というのも、今回スリランカに行くにあたり、空港までの1時間のノンストップバスで無性にトイレに行きたくて仕方なくなってしまったのです。

 

ここ最近、胃腸の調子があまりよくなかったので体調管理がなってなかったといえばそれまでですが、こうした想定外の事態は突然起こるものです。

 

なんとか空港まで踏ん張れたからよかったものの、もし我慢できなかったらもうドライバーにお願いしてどこかに止まってもらうか、バス車内で用を足すしかないですからね。

 

まわりの乗客にも迷惑をかけてしまいますし、二度と同じようにならないよう調べとこうと思いました。

急な腹痛の原因

なかには深刻な病気といったこともあり得るので一概にはいえませんが、日常的にお腹が弱くて突然の腹痛に襲われた場合は、ストレスが原因となる過敏性腸症候群が疑われます。

 

もし食中毒であれば食後30分程度で吐き気や下痢を起こすものの、刺身や生卵など思い当たる節があるものです。

 

今回はお腹がギュルギュルと急に緩くなってトイレに駆け込みたくなったので、旅行の準備が目にみえないとこで大きなストレスになってたのかもしれません。朝早い出発で寝不足だったことも影響してるでしょう。

 

あまり気にかけたことがない方もたくさんいるかもしれませんが、旅行はリフレッシュ効果とともに新しい環境に身を置くことがストレスにもなるんです。これは旅行中だけでなく準備のときも同様です。

急な腹痛を防ぐ方法

ストレスが原因の腹痛では、できるだけストレスをかけないことが大切です。
そのためには基本的なことですが「睡眠をしっかりとる」「時間に余裕をもって準備する」ことを意識するだけで変わってきます。

長距離バスのような身動きが取れない状況で腹痛になると、我慢するしかなく精神的にも肉体的にもかなりキツイです。

 

とくに旅行の前日は、移動中のバスや飛行機で寝ればいいや…と睡眠時間を削って準備をしがちですが、これがもとで腹痛に苦しんでは楽しい旅行も台無しになりかねません。できるだけいつも通りの睡眠時間を確保するようにつとめましょう。

急な腹痛が起きたら

じゃあ実際に腹痛が起きたらどうすればいいのかというと、できるだけ早くトイレに駆け込むしかありません。下痢として大便を出してしまわないとどうしようもないので、電車だったら目的地の前でも降りてトイレに猛ダッシュするか、長距離バスであればサービスエリアまで待つことに。

 

ただ長距離バスだったらドライバーさんに言えば近くの休憩所で止まってくれることもありますよ。
僕がよく使うウィラーバスではそうした案内もされてますしね。具合いが悪くなったら言ってくださいって。

 

あとはこうした状況を回避するために、腹痛用の薬を常備しとくといいですよ。
とくにストレスが原因で腹痛になる人は持ってるだけで安心できると思います。

-スリランカ

Copyright© abroood , 2018 All Rights Reserved.