スリランカ

ひとり旅?それとも友達と?旅行の好みは千差万別だ…という話。

更新日:

旅行のスタイルは人により異なります。

ぼくみたいに行き帰りの航空券だけとって自由気ままに旅するのが好きな人もいれば、ひとり旅は寂しくて嫌だという人もいます。

そもそも海外旅行はツアーじゃないと怖くていけない…といった年配の方もおおいですね。

それぞれどういった特徴があるのでしょうか?気になったので考えてみたいと思います。

ひとり旅

なんといっても全てが自由に決められるのがメリット。

学生時代からぼくが一番好きな旅のスタイルで、格安航空券をとって10日間ほどクロアチアやインドといった国々をまわりました。

ほんとにすべてが自分の思うままに決められるので、泊まる場所、行く場所、食事内容など、それぞれに合ったスタイルが選べます。

ぼくは旅行中、食事にはまったくといっていいほどコダワリがないので、マクドナルドのようなファストフードやコンビニで買えば十分、毎日おなじものだってそれほど苦になりません。

ほかの人と一緒だとなかなかそうはいかないので、食費だけじゃなく時間もかなり節約できていますね。

ただし、宿泊施設は一人だと高くなるのが痛いところ。

あとこれも一人旅のほうがチャンスが多い気がしますが、現地の人たちとの交流が楽しい。

インドでは現地の子どもたちと石を置く陣取りゲームをしましたし、スロベニアでは現地の若者と馬肉のハンバーガーを食べたり、とにかく地元住民とふれあう機会がふえやすいのが一人旅でしょう。

短期間でできるだけ現地の雰囲気にひたりたい人むけ。

友達と一緒の旅行

おそらく一人旅より一般的なんじゃないでしょうか。

なにかと時間をもてあますのが一人旅ですし、現地住民との触れ合いをあまり意識しない人には、友人たちと一緒に思い出をつくるにはすごくいいでしょうね。

ぼくも大学の卒業旅行で友人といっしょにタイに行きました。

ただ正直いってそこまで楽しいとは思えませんでしたねぇ。

あ、勘違いしないでほしいんですが、楽しかったといえば楽しかったんです。ワイワイと食事したり、観光地まわったり・・・。

ただぼくは、もっと現地のひとたちと交流したかったし、もっとみんなが食べてる屋台なんかで食事もしたかったな…と。

どうしても友人はそういったタイプではなく、タイに旅行してる日本人の女の子をナンパしようとまでしだしましたから。「え、なんでタイに来てまで日本人と話すの?」とぼくは不思議な気持ちになったものですよ、はい。

まぁこのときは友人と旅行の目的が一致してなかったことがイケなかった

友人との旅行はだいたい「時間の共有」と、「遺跡などの観光」がメインでしょうから、あまり僕には合わなかっただけなのかもしれません。

そういえば、べつの友人とはコスタリカに行ったなぁ〜。イギリス留学中のルームメイトのコスタリカ人に会いにいきました。このときは目的もあったので、すごく楽しめた。よかったよかった。ふぅ…。

あとは恋人や夫婦、家族旅行もここのカテゴリーに入ることになりますね。

時間の共有と、楽しい思い出づくり。なんでだろう。恋人との旅行はいつでもすごく楽しんでる自分がいます(笑)

宿泊代は一人旅より安くなりますし、飛行機などの移動時間も退屈することがありません。(ぼくは一人旅では、物思いにふけるのでさほど孤独感を感じませんが・・・)

ツアーでの旅行

年配のかたに人気ですね。

メリットは、すべてパックで込み込みなので値段が安いこと。それと現地にいく添乗員さんがつく安心感といったところでしょうか。

たしかに海外旅行に航空券だけとっていく場合、多少の英語力がないと不安なのはしかたないと思います。もしなにかトラブルにあったら対応できませんし、「どうにかなるだろう…」とタカをくくって行っても、「まったく楽しめなかった。涙」となることもありえます。

そうした意味ではツアーというのは語学力がなくても安心ですし、予定もほぼすべて決まってるので行動しやすいといったこともあるでしょう。

ただし観光地をただまわるだけ、見るだけのツアーも多いので、好きな場所に好きなだけ滞在することもできないし、個人的には苦手です。

いちから計画を立てたいひとには向かないでしょう。9割がた旅程はきまってて自分たちで決める必要がないので、楽といえば楽です。

行くまえ、旅行中、行ったあと、3度楽しめるのが旅行だ!

これを意識しとくと、いちどの旅行で最低でも3回は楽しめます。むしろもっと細かくかんがえれば、もっと多く楽しむこともできるでしょう。

いくまえにはアレコレ想像しながら行きたい場所ややりたいことを思い浮かべ、旅行中はそれを生身で体験する、そして帰国後は写真や記憶でおもいだして懐かしさにふける。

…ね、旅って素晴らしいよね。

これがこの記事で一番伝えたいことでしたー!おわり

-スリランカ

Copyright© abroood , 2018 All Rights Reserved.