スリランカに3週間ホームステイしてきた。現地でやったことを3つだけ紹介する。

スリランカ旅行

スリランカでの3週間滞在から帰ってきました。

タイトルではホームステイとしてるものの、妻の両親がスリランカ人なので、彼らの家の一部にずっと住まわせてもらった格好です。

 

かれこれ3回目の訪問なので観光がメインといったわけではなく、スリランカでの「ものづくり」と他にもなにかできないか色々と探すことが大きな目的でもありました。

 

いや〜もっとゆっくりするはずが、毎日バタバタと動きまわって蚊に刺されまくってデング熱が心配になるわ、まちがって水道水を飲んで3日間も寝込むなど、やっぱり途上国で一般家庭に住むと慣れてないうちは色々と起こりますわな。

 

のんびりした国民性でもあるので想定通りにいかないことだらけでしたが、主なことを書いていきます。いろんな可能性を感じた3週間でしたぜ。




ものづくり in キャンディ

数年前にふとしたきっかけで知り合い、バティックのバックを作ってもらい僕らが日本で販売したちっちゃな村の職人さんたち。

 

ぼくはまだ彼らに会ったことがなかったので初めての訪問。キャンディの街中からトゥクトゥクを走らせること1時間。

もうコンクリートの道路さえも整備されてないようなとこに、ポツンと彼らの工房があります。

 

知り合った当初とくらべて妻の両親と彼らの信頼関係がどんどん強まってるようで、今回は自宅にまで招かれて紅茶をいただきました(笑)

 

これだけで数記事レベルのボリュームになるので、くわしくは別途記事にします。

かわいいハンドメイド品といったのができたぜ!あのクオリティなら売れるはず…と願っておりますです。あとは僕の売り方次第か。。。

ゴム製品の生産工程を見学

知り合いのツテで、特別にゴム製品の森林農場と生産工場を案内してもらいました。

スリランカというとココナッツや宝石が有名ですが、天然ゴムもスリランカ経済を支える大きな産業です。

 

これも別記事で詳しく書きます。

木の一部を切ると白い樹液がでてくるのは本当にビックリ。それをちょっと加工するだけで天然ゴムになるんだってんだから、自然の偉大さ、天然資源の大切さを感じます。

3日間お腹を壊して予定を全変更してもらったにもかかわらず、それでも無償で見学ツアーさせてくれたことに感謝!スリランカは人と人のつながり次第で、できることの幅が無限に広がります。

ハンドルームを使う職人との出会い

いろんなとこを訪問してるなかで、ハンドルーム生地でバックや小物をつくる職人さんと知り合いました。

専門学校を卒業してて技術とセンスは抜群!

夫婦ふたりで数年前にバック作りを始めたとのこと。

 

既存バックの一部を変更してもらったものと、MacBook用のケースを作ってもらえたので、これらは僕らが運営するブランドViri Fideとして数量限定で近いうちに販売します。

まあMacBookケースは僕が欲しかったので一つ使うとして、まずは片手で数えられるだけしか販売しません。これは気に入ったら即決すべし!品質は日本品に引けをとらんぜよ。

すばらしい。

 

ただ妻の両親もスリランカにずっといるわけじゃなく、追加分を彼らに海外発送もやってもらえるかまだ未定(やったことなくて不安らしい…)。もしできるようなら、カラーを変えたバージョンを用意する予定です。まだわかんないけどね。

 

それにしてもスリランカで新規開拓というのも大変なものですな。商習慣のちがいは覚悟してたものの、誰を信用していいのか、そしてどうやったら信用してもらえるのか。新規商売にかぎらず、お金がらみのとこでは他人を警戒してる感をみんなが持ってるので、想定外のことが何度もなんども起こりました。

 

これからの信頼関係の構築と、新規商品に期待しててください。たぶん大丈夫!そう、たぶん…。

商品は正式に販売スタートしたら、このブログでご案内します。

海外でも普通にネットで稼げた

Tシャツの注文は発送できないのでさすがに帰国まで待ってもらいましたが、ブログでの収入は変わらずにありました。というよりも、一度も更新してないにもかかわらず、収入はすこし増えた感じです。

 

もう別に日本のアパートに閉じこもって仕事する必要もないんだな…と実感できたのも大きな収穫。ベースとなる収入ができつつあるので、もっと国内海外問わず、たまには場所を点々としながら働くのもアリですな。ふむふむ

 

スリランカは今後なんども行くだろうし、オーストラリアも含めて3拠点生活が現実味をおびてきましたぜ。働きアリのようにもくもくとやっていきます。

これ以外にもいろんなことをやったので、それは別記事ですこしずつ書いていきます。

 

それにしてもスリランカは気候だけじゃなく、ヤバイ!熱い!

日本や他の先進国と比較しても整ってないことが多すぎるので、やれること、やりたいことがゴロゴロ転がってる感じ。日本の戦後もこんな雰囲気だったのかなぁ…。