スリランカ

スピード速い!格安!シムロック解除したドコモのスマホをスリランカで利用した感想。シムカードはDialogがオススメ!

更新日:

スリランカの滞在で心配してたことのひとつは、インターネットがストレスなく自由に使えるか、ということ。

 

結果として全く問題なく使用できてしかも値段は思ったより安い!ネットで仕事をする身としてはこのネット環境であれば全く問題ないレベルだったので、一安心しました。

 

それでは実際に使用してみた方法を書いていきます。

ドコモのスマホ、旅行前にシムロックを解除

僕が使ってる機種は、ドコモのアンドロイドスマホ「SC-04E」です。
このままだと海外でシムカードを変えても使えないので、旅行前にドコモショップでシムロックの解除をしてもらいました。

 

ちかくのドコモショップで10分ほど、3000円でサクッとやってもらえます。すごく簡単なのが嬉しい〜

 

妻はiPhoneユーザーなので同じようにシムロックの解除について調べたところ、ソフトバンクやauショップ、ドコモショップでもやってもらえませんし、結構手間と費用がかかるみたい。

 

だからiPhoneユーザーの妻はまだシムロック解除ができてません。もういっそのことシムロックがかかってないのに買い換えることも検討中です。スリランカとオーストラリアだけじゃなく、いまは兄がカナダにいるので海外行く機会ってなにかと多いんです。

 

海外ではシムロックがかかってることのほうが珍しいので、日本のiPhoneがまさか海外で使えないとはね…。それを知ったときには妻が愕然としてましたよ。とほほ(笑)

データローミングをONにしないとツナがらない

そうして日本であらかじめ準備してたスマホ。
いままで海外ではインターネットはわざわざネットカフェを探して利用してましたからね。僕にとって初めての試みでどうなるか不安でした。

 

今回のスリランカ訪問の目的のひとつは現地でのネットスピードが仕事するのに充分かどうか、これをチェックすることもあったんです。

 

で現地ではHutchとか、利用可能なシムカードの会社があるようですが、妻の両親がつかってて、スリランカでは最大手といっていいらしいdialogという回線業者のものを使いました。

dialogは山の中の秘境のような田舎でも通じたし、オススメ。

スリランカのネット環境はdialog一択でいいと思います。

 

パパッとコンビニやスーパーで買えるかと思いきや販売してる場所は限られるようで、ちょうど滞在先のちかくにdialogの店舗があったのでそこに立ち寄りました。てかそのエリアではみんなが利用してる日本でいうドコモショップのようなものですな。

 

飛行機が到着するコロンボの空港でも一応買えるみたいですよ。僕らのように深夜到着でもやってるのか不明ですが…。

 

そこでシムカードを入手して、600ルピーほどのチャージカードを購入しました。

 

ただここで問題が…。

 

なんと一斉にエリアが停電。それと同時に社内のシステムもダウンしたようで、もうひたすら復旧待ち。
そのご…20分ぐらいで復旧しました。

 

レストランで食事中にもありましたし、首都のコロンボはたまに停電します(苦笑)

 

で復旧後、このdialogではその場でシムカードを交換して実際に動作環境を確認してくれるので助かるんですが、どうもうまくいかない。なんどdialogのシムカードを入れてもネットにつながりません。

 

その担当者がもってた同じ型のスマホでは正常に動作した(ネットにつながった)ので、結論としてはドコモのスマホがシムロック解除されてないからどうしようもない…ということになりました。

 

まあ僕はそんなことはないと感じてて、なにかしらドコモの端末での設定が必要なんだと思ったのでそのまま自宅に帰宅。いろいろ調べるとありましたありました。

 

どうやらデータローミングをONにしないといけないようで、ONにしたらすぐにつながりましたよ。(あとAPNを設定したようなしてないような…。うる覚え。もしツナがらないようなら、APNの入力が必要かもしれません)

 

ただローミングというのは、海外で日本の契約会社ドコモとの提携先に勝手につなげる機能なはずで、ドコモのシムカードからdialogのシムカードに交換してるからこれをONにしないといけないというのはオカシナ話なんですがね…。

パケ死の経験ありだけど、シムカードを変えてれば大丈夫なはず

データローミングは現地の使い放題じゃない回線もガンガンに拾うので、海外でスマホをつかって高額請求される、いわゆるパケ死なんて言葉さえもつかわれています。

 

じつはこのパケ死、僕はガッツリ経験があって、うつ病で休職してたころに日本から逃亡したイギリスで3週間スマホを続けてしまいました。

 

あとあとそんなことになるとは知らず、その結果、パケット代がやばいことに。しばらくして10万円ほどの請求書が届きました。

 

これ、1ヶ月ですからね。1ヶ月で10万円のスマホ代…。もう涙どころか思考回路がぶっ飛んで、うつ病はむしろ悪化してしまったんじゃないでしょうか。
恥ずかしさと悔しさと無知がいかに怖いかといったことを噛みしめながら、コンビニで支払いを済ませました。

 

それ以降、もう海外ではネットカフェ以外ではインターネットはしないことにしたんです。もうコリゴリだったので(涙)

 

ただそのままじゃいかんだろ!ということでネットにも少しは詳しくなってきたので今回試してみたんですな。

 

ローミングがONにしないとツナがらないのでそのまま3週間にわたってつかいつづけました。スマホだけでなく、デザリングでパソコンもガンガンに。

 

いま3週間の滞在から帰国してますが、今月の利用料をチェックしても1500円ぐらいなので、データローミングの料金は請求されないはず!またパケ死はやばすぎるので…苦笑。

 

いや〜、それにしても便利です。この600ルピー(いまの為替だと日本円で500円ぐらい)で1週間もちました。安い!!!いいね〜

 

スピードは計測してないけど実感として充分仕事につかえる速さですし、コロンボやキャンディといった大都市だけでなく、かなり山奥の村でもふつうに使えました。すごすぎるぜ。

 

これだったらスリランカの山奥で鳥や大自然に囲まれながらネットで仕事するのも可能です。次回はコロンボを中心にもっと各地をまわってみようっと。

それではまた。ちゃお。

ハンドメイド販売に役立てたいサービス3つ!


1位 Square(スクエア)

クレジットカード決済をどこよりも簡単に導入できるサービスです。

小さな端末をスマホやタブレットに差し込むだけで使えます。

決済手数料は3.25%と破格の安さで、月額固定費はなんと無料!

現金の持ち合わせがなく買いたくても買えないお客様を逃さないためにも、イベントや実店舗で販売する人は必須です。

 

さらに、4980円のカードリーダーが無料になるキャンペーン中なので(なくなり次第終了)、この機会にぜひ導入しておきましょう。


2位 ビスタプリント

名刺、チラシ、マグカップ、Tシャツなどの販促グッズを販売するサイトです。

60種類以上もあるので、ハンドメイド作品の販売に役立つこと間違いなし!

テンプレートがたくさんあって素敵なデザインが簡単に作れます


3位 freee(フリー)

国内シェアNo.1のクラウド会計サービスです。

簿記や会計の知識を必要とせず、自動でデータ入力や仕分けをしてくれます。

ユーザー数はなんと60万人!それだけの人が便利さを実感していることになります。

無料のお試し期間があるので、まずは始めてみるといいでしょう。なんか違うなと思ったらやめればいいだけです。

-スリランカ

Copyright© abroood , 2018 All Rights Reserved.