iichi(いいち) ハンドメイド

iichi(いいち)を退会しました。その理由と退会方法についての考察。

更新日:

minne(ミンネ)にひきつづき、iichi(いいち)も退会しました。

せっかくなので僕が持ってるiichiの印象と、退会処理についてもすこし考えてみます。

iichiを退会した理由

これはminneを退会した理由とほぼ同じなので「minneを退会しました。売れないから売れるための次のステージへ」を読んでもらうとして、iichiは一昨年の売り上げはよかったんですがね…。

それが昨年はまったく売れなくなってしまいました。

 

それに最近はどうも勢いが感じられず、広告を積極的に利用したminneとCreemaに引けを取ってるような気がします。

 

それらが僕ら商品の売り上げが落ちた要因とむすびついてるかは不明とはいえ、サイトの雰囲気や問い合わせしたときのレスポンスなど、むしろ他のオンラインマーケットよりも好みではあります。

 

そうしたマーケットなので迷いましたが、やはり手間と利益をかんがえると割にあわないので退会することにしました。

かわりに自社ネットショップに力をいれていきます。

 

いまは無料で本格的なショップが作れるBASEやSTORESがあるので便利ですね。

まだやったことない人はぜひ試してみてください。

あと、こうした本を読んで勉強することは必須でしょう。これに限らないけど魅力的な商品説明文や写真の撮りかたを変えるだけで売り上げは変わるものです。

 

退会するにはメールを送らないといけない…

minne(ミンネ)は退会ボタンがあってサクッと辞めれたものの、iichiを退会するにはメールを送らなきゃいけないとのこと。

 

いままで色々なサービスを使ってきて感じますが、退会方法を明記してなかったり、このiichiのようにメールを送らないといけないのは面倒ですな。

アドビもたらい回しにされかなりヒドかった印象があります…。

 

わざと退会しづらいようにしてるとさえ勘ぐってしまうので、辞めると同時にもっと嫌いになってしまいます。

 

まあ月額課金システムだったら辞めるのが伸びるだけで利益は増えるわけですし、それを狙ってあえてそうしてるとこもあるのでしょう。

ただし、いまじゃツイッター、フェイスブックのようなSNSでの情報拡散スピードは早いですからね。

 

あまりそうした方法は取らずに退会希望者がサクッと辞めれるようにしとくのが、顧客サービスという気もします。ふむ、どうでしょう?

 

嫌な経験であればあるほどSNSでの共感者を呼び、またたくまにリツイートといいねで拡散されて企業イメージが大ダメージを受けることも簡単に想像がつきます。不用意な発言で自滅したりもよく見ますよね…

 

退会してく人にまで気がまわらないのかもしれないとはいえ、改善されることを願います。

「てか退会希望者のことまで考える時間ねーよ!」といった声も聞こえてきそうですが、だったら余計にサクッと退会処理が完了するようにしといたほうがいいと思うんですけどねぇ…。

メールでやりとりしてたらどちらも時間を無駄にするだけでしょうから。

ハンドメイド販売に役立てたいサービス3つ!


1位 Square(スクエア)

クレジットカード決済をどこよりも簡単に導入できるサービスです。

小さな端末をスマホやタブレットに差し込むだけで使えます。

決済手数料は3.25%と破格の安さで、月額固定費はなんと無料!

現金の持ち合わせがなく買いたくても買えないお客様を逃さないためにも、イベントや実店舗で販売する人は必須です。

 

さらに、4980円のカードリーダーが無料になるキャンペーン中なので(なくなり次第終了)、この機会にぜひ導入しておきましょう。


2位 ビスタプリント

名刺、チラシ、マグカップ、Tシャツなどの販促グッズを販売するサイトです。

60種類以上もあるので、ハンドメイド作品の販売に役立つこと間違いなし!

テンプレートがたくさんあって素敵なデザインが簡単に作れます


3位 freee(フリー)

国内シェアNo.1のクラウド会計サービスです。

簿記や会計の知識を必要とせず、自動でデータ入力や仕分けをしてくれます。

ユーザー数はなんと60万人!それだけの人が便利さを実感していることになります。

無料のお試し期間があるので、まずは始めてみるといいでしょう。なんか違うなと思ったらやめればいいだけです。

-iichi(いいち), ハンドメイド

Copyright© abroood , 2018 All Rights Reserved.