国際結婚

噂のオーストラリアの国民食「ベジマイト」!「まずい」ことで有名ですが、意外とイケました!

投稿日:

オーストラリア人は小さい頃から慣れ親しんでるベジマイト!

 

そのまま食べると、本当にマズイ!

 

発酵して酸っぱくなった菌を食べてる感じ......

とにかく、そのまま食べるのは怖い物みたさの最初だけにしときましょう。

 

オーストラリア以外の国ではいい評判の聞かないベジマイトですが、オーストラリア育ちの妻にとってはなくてはならないものです!

いちごジャムやバターを塗って食べる感覚にちかいようで、たまに食パンに塗って食べてるんですよ。

 

せっかくなので、ボクも食べてみました!

 

直接たべるとヒドイ味なのでどうかなぁと心配でしたが、意外とイケる!

 

こんなふうに少し塗ると、美味しいです!

 

ベジマイト オーストラリア 国民食

 

オーストラリアでは定番のジャムのようなもので、

 

きょうはリンゴジャム、いやピーナッツバター、あ、やっぱりベジマイトにしよう!

 

といった、とても一般的な食べ物。

スポンサーリンク

 

 

ただ、ジャムのように大量に塗るとパンチが強すぎて食べられないので、写真のようにバターの上から少し塗るのがオススメみたいです。

 

異文化体験もかねて話のネタとしてどうぞ。

オーストラリア(ニュージーランドもだったかな?)では誰もが知る身近な食材で、他の国ではそのマズさ、珍味(?)で有名です。

 

一度試してみると面白いかもしれません。

VEGEMITE ベジマイト 220g

VEGEMITE ベジマイト 220g

 

 

 

ハンドメイド販売に役立てたいサービス3つ!


1位 Square(スクエア)

クレジットカード決済をどこよりも簡単に導入できるサービスです。

小さな端末をスマホやタブレットに差し込むだけで使えます。

決済手数料は3.25%と破格の安さで、月額固定費はなんと無料!

現金の持ち合わせがなく買いたくても買えないお客様を逃さないためにも、イベントや実店舗で販売する人は必須です。

 

さらに、4980円のカードリーダーが無料になるキャンペーン中なので、この機会にぜひ導入しておきましょう。


2位 ビスタプリント

名刺、チラシ、マグカップ、Tシャツなどの販促グッズを販売するサイトです。

60種類以上もあるので、ハンドメイド作品の販売に役立つこと間違いなし!

テンプレートがたくさんあって素敵なデザインが簡単に作れます


3位 freee(フリー)

国内シェアNo.1のクラウド会計サービスです。

簿記や会計の知識を必要とせず、自動でデータ入力や仕分けをしてくれます。

ユーザー数はなんと60万人!それだけの人が便利さを実感していることになります。

無料のお試し期間があるので、まずは始めてみるといいでしょう。なんか違うなと思ったらやめればいいだけです。

-国際結婚

Copyright© abroood , 2018 All Rights Reserved.