国際結婚

ボクは献血ができない!イギリス滞在歴6ヶ月以上だと断られます!

投稿日:

イギリス 献血 制限

 

そう。ボクは献血に行っても断られます。

 

たまに献血の呼びかけって見かけますよねぇ。

あの、「B型の血液が足りません!献血をお願いします!」とかって。

 

誰かの役に立てるならと思って献血にいったのですが、ダメでした。

献血できず...

 

はじめに受け付けで問診票みたいなのを書いたわけです。

すると、海外の滞在歴の項目があるんですよ。

 

そのときは、あまり気にせず「なんだろ。これ」って感じだったんですが、そこにいた受け付けの人に聞いてみました。

 

すると2004年までに6ヶ月以上イギリス滞在歴がある人は献血ができないと...

 

「わ、マジか!」...

 

ボクは2002年に9ヶ月イギリスに滞在してたので、これがドンピシャで当てはまるわけです。

 

ホント残念です...

 

狂牛病がらみみたいですけどねぇ。仕方ない。

 

今のところ法律がかわる気配もないようなので、ボクはずっと献血はできなそうです。

 

調べてみると、狂牛病(BSE)の懸念から滞在期間による制限国って多いんですよねぇ。

国の名前を下に「あいうえお順」で並べたので、これらの国に1ヶ月以上、滞在したことがある人は、献血ができない可能性があるみたいです。

スポンサーリンク

 

 

詳しくは、こちらの「Q5 英国以外の国での滞在歴について、献血制限はないのですか」で確認できますので、気になる方は見てみてください。

 

アイスランド

アイルランド

アルバニア

アンドラ

イギリス(英国)

イタリア

オーストリア

オランダ

ギリシャ

クロアチア

サウジアラビア

サンマリノ

スイス

スウェーデン

スペイン

スロバキア

スロベニア

セルビア

チェコ

デンマーク

ドイツ

ノルウェー

バチカン

ハンガリー

フィンランド

フランス

ブルガリア

ベルギー

ボスニア・ヘルツェゴビナ

ポーランド

ポルトガル

マケドニア

マルタ

モナコ

モンテネグロ

リヒテンシュタイン

ルクセンブルグ

ルーマニア

 

まとめ

まさかボクが献血をできない対象になってるとは驚きました。

献血を受けようとしなかったらわからなかったですよねぇ。いざというときのために(?)、該当する国に行ったことがある人は確認しておきたいものです。

 

 《関連記事はこちら》

ぼくらの車が近づくと馬車から手をふり挨拶!アーミッシュと呼ばれる人たち。電気・ガスをつかわず、いまも馬車に乗り続ける

「生たまご」を食べないオーストラリア人の妻。「卵かけご飯」が好きなボク

スリランカの家族がやってきた!オーストラリア(シドニー・パース)、カナダ(バンクーバー)、アメリカ(ニューヨーク)から大集合! - ユタモト・ブログ

ハンドメイド販売に役立てたいサービス3つ!


1位 Square(スクエア)

クレジットカード決済をどこよりも簡単に導入できるサービスです。

小さな端末をスマホやタブレットに差し込むだけで使えます。

決済手数料は3.25%と破格の安さで、月額固定費はなんと無料!

現金の持ち合わせがなく買いたくても買えないお客様を逃さないためにも、イベントや実店舗で販売する人は必須です。

 

さらに、4980円のカードリーダーが無料になるキャンペーン中なので(なくなり次第終了)、この機会にぜひ導入しておきましょう。


2位 ビスタプリント

名刺、チラシ、マグカップ、Tシャツなどの販促グッズを販売するサイトです。

60種類以上もあるので、ハンドメイド作品の販売に役立つこと間違いなし!

テンプレートがたくさんあって素敵なデザインが簡単に作れます


3位 freee(フリー)

国内シェアNo.1のクラウド会計サービスです。

簿記や会計の知識を必要とせず、自動でデータ入力や仕分けをしてくれます。

ユーザー数はなんと60万人!それだけの人が便利さを実感していることになります。

無料のお試し期間があるので、まずは始めてみるといいでしょう。なんか違うなと思ったらやめればいいだけです。

-国際結婚

Copyright© abroood , 2018 All Rights Reserved.