未分類

タイ航空のビジネスクラス(ロイヤルシルク)体験談!東京(成田)からバンコク便で機材A380に乗ったのでレビュー

更新日:

成田空港からタイまでタイ航空のビジネスクラス(ロイヤルシルク)に乗ったのでレビューします。
最終目的地はオーストラリアのパースです。
それでは見ていきましょう!

ビジネスクラス(ロイヤルシルク)は優先ゲートと空港ラウンジが使える!

成田空港で荷物を受け取り
まずは空港で荷物を受け取り。
僕は海外旅行などで外国へ行くとき、基本的には大きな荷物は郵送で空港に届けておきます。
ヤマトで空港宅急便というサービスをやってますので、これを毎回つかってますね。
成田空港で受け取ったスーツケース
いままで何度も利用してますが、荷物が破損したり遅延したりは一度もありません。
成田空港のビジネスクラス優先ゲート
ビジネスクラスでは、セキュリティーの優先ゲート(ゴールドトラック)や空港ラウンジを利用できます。
チェックインカウンターでチェックインしたときには説明が一切なかったのでご注意を。
初めてビジネスクラスに乗る人は知らずに利用しない人もいるかもしれませんね。僕らも事前にネットで調べてなかったら見逃してたかも…。
成田空港のセキュリティー検査での行列
優先ゲートだったので一切並ばずに済みましたが、一般ゲートは100メートルほどの長い列ができてましたよ。奥さんが妊娠中のためこうしたちょっとしたことも、やっぱりビジネスクラスにしておいて良かったなーと。
成田空港のラウンジ入口
初の空港ラウンジにも立ち寄りました。
入口で航空券を見せて入ります。
成田空港のラウンジ
広々としています。
成田空港のラウンジ
いい雰囲気。
成田空港のラウンジの食事
軽食と飲み物。お酒もたくさんありました。
成田空港のラウンジ
ゆったりとした座席で軽食と飲み物をいただきます。
成田空港のラウンジの食事
飛行機待ちの時間は結構長いので、広々としたスペース、ゆったりしたイスは疲れが溜まらないのでいいですね。
待ち時間で飛行機乗る前に疲れちゃった…ということがありません。

タイ航空ビジネスクラス(ロイヤルシルク)機材A380の座席は?

タイ航空ビジネスクラス(A380)のボーディング
ビジネスクラスは機内への搭乗も優先されます。
タイ航空A380ビジネスクラスの座席
妻と二人なので、事前に真ん中の2人横並びシートを予約しておきました。
席と席の間は仕切りは閉められるようになっています。
タイ航空ビジネスクラス(A380)の機内
機内のシート並びは、左1席(通路)真ん中2席(通路)右1席です。
タイ航空ビジネスクラス(A380)の座席スクリーン
スクリーン下にちょっとした荷物を置いたり、足を伸ばせるスペースがあります。
タイ航空ビジネスクラス(A380)の座席リモコン
自動リクライニングとマッサージつき!
あとベッドようにフラットになるのは寝るのにいいですよね。
おかげで、普段は飛行機であまり寝れない体質の僕でもよく寝れました。
タイ航空ビジネスクラス(A380)の快適さ
搭乗後すぐにシャンパンだかドリンクをもらったと思いますが、写真を撮り忘れました。
これはしばらくして出てきたおつまみ(ナッツ)とビール。
前だけじゃなく、いつでも気軽にものを置けるスペースがあるのはいいですね。慌てて折りたたみ式テーブルを出す必要がありません。
タイ航空ビジネスクラス(A380)のアルコール
これは折りたたみ式のテーブル。当然ながらエコノミーより大きいです。
タイ航空ビジネスクラス(A380)のシート
タイ航空ビジネスクラス(A380)の座席
上の2つの写真が僕の座席から左右を見たときの視界です。
両方とも他の乗客が何しているのかほぼ分からないぐらいにプライバシーが確保されています。
これはこの後引き続きタイ空港からパースまで乗ったビジネスクラス(機体:B787)とは全く違い、ものすごく快適!
いままで乗ったビジネスクラスの中で一番快適でした(といっても、エミレーツでたまたまグレードアップされた時以外に乗ったことありませんが…)。
いやー本当にこの機体には感動しましたね。この近未来的な作りの乗り心地は抜群に良かったです。

タイ航空ビジネスクラス(ロイヤルシルク)機材A380の食事は?

タイ航空ビジネスクラス(A380)の食事準備
食事の時間になると、クロスをひいてくれました。
タイ航空ビジネスクラス(A380)の和食
僕が選んだ和食。
タイ航空ビジネスクラス(A380)の和食
美味しかったです。
タイ航空ビジネスクラス(A380)の食事
妻が選んだのはこれ。
タイ料理だったかな。これもちょっともらって食べたら美味しかった!
タイ航空ビジネスクラス(A380)のデザート
こうした不思議でオシャレなデザートも。
タイ航空ビジネスクラス(A380)のデザート
これも美味しかったです。

タイ航空ビジネスクラス(ロイヤルシルク)機材A380のアメニティは?

タイ航空ビジネスクラス(A380)のアメニティバック
アメニティはしっかりとした入れ物に入ってます。
タイ航空ビジネスクラス(A380)のアメニティ
中身も充実。

タイ航空ビジネスクラス(ロイヤルシルク)機材A380のヘッドホンは?

タイ航空A380ビジネスクラスのヘッドフォン
ヘッドホンはエコノミーのイアホンとは違い、耳を覆うタイプ。
機内でのBose QuietComfort 35 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン シルバー
ただ僕は飛行機に乗るときはいつもBoseのノイズキャンセリングのヘッドホン(QuietComfort 35 wireless headphones)を持参するので、結局ずっとこれを使ってました。
このノイズキャンセリングを使えば飛行機のゴーゴー、ガーガー聞こえる煩わしいエンジン音がかなり小さくなります。
飛行機移動のストレス軽減を主目的に購入したんですが、本当にこれは買って良かったアイテムです。
それなりに値段が張るとはいえ、飛行機に乗るときの僕の必須アイテムになりましたよ。
タイ航空A380ビジネスクラスのwifi
wifiカードももらいましたが、今回は利用しませんでしたね。

タイ航空のビジネスクラス(ロイヤルシルク)A380は最高!

乗り心地、サービスともに最高でした。いままで何十回と海外に行ってきましたが、この搭乗が断トツの一番です。
ビジネスクラスは高いのでそうそう乗れませんけどね。できれば毎回こんな飛行機に乗りたいものです。
 
つづき ⇒ タイ航空のビジネスクラス(ロイヤルシルク)バンコクからパースまで!機材B787の搭乗レビュー

ハンドメイド販売に役立てたいサービス3つ!


1位 STORES.jp

最短2分で誰でも簡単にオンラインストアが作れます。

70万人に選ばれ、毎月8000件以上のストアが作られるほど人気があります。

ネットショップとして必要な機能が一通りそろい、「あったら便利だな」と感じる機能もどんどん追加されています。

これが無料で利用できるんだから、本当にすごい!

誰でもすぐにネットショップを作れるので、初心者だけでなく中級者にも自信を持ってオススメできます。


2位 Square(スクエア)

クレジットカード決済をどこよりも簡単に導入できるサービスです。

小さな端末をスマホやタブレットに差し込むだけで使えます。

決済手数料は3.25%と破格の安さで、月額固定費はなんと無料!

現金の持ち合わせがなく買いたくても買えないお客様を逃さないためにも、イベントや実店舗で販売する人は必須です。

 

さらに7980円のカードリーダーが無料になるキャンペーン中なので(なくなり次第終了)、このお得な機会に導入しておくといいでしょう。


3位 freee(フリー)

国内シェアNo.1のクラウド会計サービスです。

簿記や会計の知識を必要とせず、自動でデータ入力や仕分けをしてくれます。

ユーザー数はなんと60万人!それだけの人が便利さを実感していることになります。

無料のお試し期間があるので、まずは始めてみるといいでしょう。なんか違うなと思ったらやめればいいだけです。

-未分類

Copyright© abroood , 2020 All Rights Reserved.