dクリエイターズ ハンドメイド

dクリエイターズは売れない。そうした評判を聞くので僕なりの感想を。

更新日:

まずはじめに断っておくと、ぼくは「dクリエイターズ」を使ったことがありません。一般公開される前に担当者から「ドコモとして新しいハンドメイドサイトを始めるので興味ないですか?」とお誘いのメールが来ましたが、その返事には連絡がないし、どうも印象がよくないです。

 

ミンネやクリーマといったハンドメイドマーケットを4年ほど使ったので、このdクリエイタイーズについての僕の見解を書いてみます。

参入時期が遅い。コンセプトが曖昧すぎる。

ネットでのハンドメイドマーケットはdクリエイターズが始める数年前から活況でいろんなサービスがでてましたし、正直いって参入するのが遅すぎ!

 

いくらドコモといった知名度と、コマーシャルでガンガンに宣伝をかけてもあまりうまくいってる話を聞かないです。

 

いまdクリエイターズのホームページを試しにざっと見ましたが、手作り色の強い商品と、クリエイター色の強い商品とがすべてごちゃまぜになった印象をうけました。

まあなんというんでしょう、ドコモという知名度勝負といったところでしょうか。

 

 

これらが混ざり合ったのが「dクリエイターズ」なのかな…と。

ざっと見たとこでも、実際に上記マーケットに出品してるブランドさんがすぐに見つかりましたよ。まあオンラインマーケットでは複数のサービスに登録しとくのはよくやるやり方ですが・・・。

 

それにネットでの出店者側の評判をみると、あまりいい評判をみないですね。どうしても参入が遅かったのは致命的で、どうも活気がないと。

 

とはいえ、こうしたハンドメイドマーケットは売れたら手数料を支払う成果型のシステムなので、時間に余裕があるなら出品してみるのもアリでしょう。

いろんなハンドメイドのサービスを試してみて、ここは売れる、ここは売れない、それがわかってから続けるか辞めるのかを検討してもいいですね。

自社ネットショップをBASEでつくるのがオススメ!

こうしたハンドメイドマーケットは集客をやってくれる代わりに、売れたときの手数料がバカになりません。売れたら支払う仕組みなのでいいっちゃいいんですが、どうせなら自社のネットショップを持ったほうが利益率は上がります。

 

ハンドメイドマーケットからの流入やSNSを通じての流入、さらには検索エンジンを通してもお客さんが来てくれることにもなりますしね。

しかもdクリエイターズやクリーマといったマーケットは会員にならないと買えない仕組みのとこが多いので、利用者にとっては欲しい商品があるけど手続きが面倒…。と感じることも少なくないでしょう。

 

自分たちのネットショップを持てばそうした事態は防げますよ。

 

いまではBASEという無料でネットショプを作れるサービスがあるので利用しないのはもったいありません。ここは初心者でも簡単に、しかも最短30秒でショップを作れることをウリにしています。本格的なショップが誰でもすぐ持てることもあり、ここ2、3年で急激に利用者が増えたサービス。

 

こうした新しいサービスを試すことで、効率的にブランドを成長させることができます。それに無料で利用できるので上手くいかなければ止めれば済む話ですしね。まずは試しに登録して納得いくまで使ってみてください。きっと気に入ることでしょう。

 

↓ ↓ ↓ ここから試せるのでどうぞ。


最短30秒でネットショップを開設

-dクリエイターズ, ハンドメイド

Copyright© abroood , 2018 All Rights Reserved.