オンライン販売を強化へ。ファッションではなく『表現』を売る。

アート

さてさて、このブログではCreemaやiichi、minneといったハンドメイドマーケットから、SoooooSなどのフェアトレードやオーガニック品のマーケット、はては僕が利用してる作品販売のためのウェブサービスを紹介していきますが、ちょっと運営ブランドの方針を変えました。

中途半端すぎる方向性。ファッションよりも表現を売る

いままではオーガニックコットン品をもっと格好よくお洒落に!といった趣旨でやってたにもかかわらず、ホームページもNGOみたいな感じになっちゃってたんですよねぇ。モデル着用写真は数枚しかないし、それに顔出しはしてないという…うぅ。いかんいかん・・・

書いてある内容はもっぱらインドの生産者やシルクスクリーンでの生産過程がおおくて、実際に購入するユーザーにとって、そこまで詳しくなくてもいいような情報が多い!そして本当に知りたい着用イメージや商品説明などが欠けてる状態でした・・・

そこで感じるのが、そうしたファッションを前面に押し出したいという気持ちは持ちつつも、もうね、ぼくはそうした器ではないんだな…と。

そこまでファッションに対してこだわりがあるかというと、そうではないし、ファッション性を追求したカタチにはどう考えてもできないのですよ。

時間がかかりましたが、それに気づけたことは超重要で、ぼくらはファッションを売るというよりかは、アイデアやアートを売る方向に徐々にシフトしていくことになると思います。まぁそれが正解不正解といった話ではなく、じぶんらがやりたいことを考えるとそっちだなと感じるわけです、はい。

オンライン販売を強化&専門へ

もっとデッカくブランド展開してくことを夢見てましたが、それよりも今現在に集中したいんです。とこれも言うなれば、当初の予定には足元にも及ばないほど結果がでてないからの方向転換ですがね…。

いまとなってはこのほうが居心地よくやっていけるわけです。

ただ勘違いしないでほしいのは、たんに趣味としてやっていくわけじゃなく、ものづくりのプライドを持ってぼくらが本当にいいものを作っていくのは変わりません。いままで見てた方向とすこしだけ別の方向をむきだしただけの話です。

むしろ今まではroomsやギフトショーといった大型展示会をも視野にいれてましたが、これからはより一層ネットに特化したカタチで販売していくことになりそうです。具体的には公式ネットショップページとハンドメイドのオンラインマーケットといったとこになるでしょう。

集客方法やその結果など、このブログは僕らの試行錯誤とその結果の記録も兼ねていく予定ですので、みなさんと一緒に成長できたら幸いです。

それではまた。