ハンドメイド

ハンドメイド品の創作意欲をかきたてるイベントには積極的に足を運ぶべし!販売方法の勉強にもなります。

更新日:

すでに何かを作ってる人、これから何か作ってみたいな、と考えてる人。もうゴリゴリにアイデアが固まってるのであればいいでしょうが、まだ具体的に何をやりたいのか、どういったものを作りたいのかが定まってない人もおおいんじゃないでしょうか?

 

…なにを隠そう、ぼくがそうでした。

 

前職をうつ病で退職することになり、あるていど回復してからは何かを始めたいけど何をすればいいかわからない、どう表現すればいいかわらかない。そんな状態が1年近くつづきました。

 

そしてふとした拍子にシルクスクリーンと出会い、オーガニックコットンと出会い、その二つを掛け合わせてオーガニックコットンのTシャツにシルクスクリーンしたデザインTシャツを作るようになっていきました。

代表的なハンドメイドイベント

まだ手作り品の方向性が決まってない人や、アイデアがほしい人、そうした人はいちどハンドメイド品が集まる大型イベントに行ってみることをオススメします。

いくつか紹介しておくと、特徴はこんな感じですかね。

デザインフェスタ

いまほどハンドメイドが盛り上がらない何十年も前からある国内最大のアートの祭典。とにかく出店者数が多いのと、出店レベルの差がハンパなく激しいのが特徴です。

こんなのでよく出店するな…というものからプロのアーティストまで、ほんとに幅広い。

 

応募者を選考ではなく抽選でえらぶのでそうなります。(数年前までは出店は早いもの勝ちでしたが、ここ最近のハンドメイドブームで出店希望者が激増したため、抽選方式にかわりました)

ハンドメイドインジャパンフェス

ここはハンドメイド品の売買サイト「Creema」が主催するイベントで、出店は審査を通らないといけないので統一感アリ、洗練された雑貨やアート作品が多いです。

 

ものづくりを生業としてるクリエイターが多数でてるので、ハンドメイド品で生計をたてていくことを目指すなら、ここで出店して人気になるレベルまで持っていきたいなと思わせてくれます。

横浜ハンドメイドマルシェ

主婦の方にはいちばんここが参考になるかもしれません。

ぼくは出店者として1回、お客さんとして1回いったことがありますが、洗練された作品というよりも、ハンドメイド色がつよいです。趣味でやってる人も多いんでしょうね。

イベントで自分の未来を想像してみよう

ぜひいくつか行ってみて、どういう方向性に進みたいのか妄想してみてください(笑)

それにあるていど手づくり品をつくったら、こんどはそれを販売してみたり、まわりの反応をみたくなるとおもいます。

 

そこでこうしたイベントへの出店を検討することになるでしょうが、いちど見ておけばイベントの趣旨と雰囲気がわかりますからね。

どのイベントがいいか選びやすくなるし、作品づくりにも活かせるし、足を運んどいて損はないはずですよ。

ハンドメイド販売に役立てたいサービス3つ!


1位 Square(スクエア)

クレジットカード決済をどこよりも簡単に導入できるサービスです。

小さな端末をスマホやタブレットに差し込むだけで使えます。

決済手数料は3.25%と破格の安さで、月額固定費はなんと無料!

現金の持ち合わせがなく買いたくても買えないお客様を逃さないためにも、イベントや実店舗で販売する人は必須です。

 

さらに、4980円のカードリーダーが無料になるキャンペーン中なので、この機会にぜひ導入しておきましょう。


2位 ビスタプリント

名刺、チラシ、マグカップ、Tシャツなどの販促グッズを販売するサイトです。

60種類以上もあるので、ハンドメイド作品の販売に役立つこと間違いなし!

テンプレートがたくさんあって素敵なデザインが簡単に作れます


3位 freee(フリー)

国内シェアNo.1のクラウド会計サービスです。

簿記や会計の知識を必要とせず、自動でデータ入力や仕分けをしてくれます。

ユーザー数はなんと60万人!それだけの人が便利さを実感していることになります。

無料のお試し期間があるので、まずは始めてみるといいでしょう。なんか違うなと思ったらやめればいいだけです。

-ハンドメイド

Copyright© abroood , 2018 All Rights Reserved.