留学体験談

英語の語学留学と現地大学への留学は目的が違う!

更新日:

おおまかに分けて留学は2通りあります。

手軽な語学留学と、スポーツや専門的な内容を学ぶ大学への留学の2つ。

ぼくは短期と長期の語学留学をし、イギリスでいっしょに住んだルームメイトは語学学校をでたあと現地大学に進学しました。

それでは、どういった違いがあるかみていきます。

 

語学留学は語学だけじゃなく異文化交流も

大勢の仲間の画像

海外の方とのふれあいや異文化体験などを期待するひとも多いでしょうが、一応の目的は語学を勉強することですね。英語やスペイン語を勉強できる現地の語学学校に身をおくことが一般的ではないでしょうか。

1週間ほどの短期から長いひとでは数年間にわたり滞在することもあります。

ただ目的意識はそれほど高くないひとも多いので、自然と異文化交流に費やす時間も増えます。

学校でもそうしたプログラムが豊富なので、「ガツガツと勉強する」というよりも、「もっと海外を身近に感じたい」「異文化を体験してみたい」といった好奇心旺盛なひとにはいいでしょう。

それと短期で来るひとも多いので、語学学校の規模や受け入れ態勢によっては、いろんな国籍のひとと次から次に会う機会があります(ぼくが行ってたとこはそうでした)。

イギリスの9ヶ月間で感じたこと

ぼくはイギリスの南海岸沿い、ブライトンへ9ヶ月間の語学留学をしました。このブログではそのときの体験がところどころ出てくることになるでしょうが、語学留学は次に紹介する大学への留学とくらべ、本人のモチベーションにより充実度合いがかなり変わることが特徴ではないでしょうか。

なかには想像した生活とは違いグループになじめず、泣く泣く帰国するひとたちも見ました。ガツガツ勉強するだけではなく自主的にいろんなことをやるチャレンジ精神や、日々の生活を楽しむ余裕があれば、英語力の上達だけでなく、世界中に一生涯連絡をとる仲間をつくることも可能ですよー。

まず初日に英語力のチェックがあってクラス分けされます。

そして語学留学は入学への英語力テストがないのが特徴です。

正確には必要最低限の語学力チェックがあったりしますが、日本での英語教育をふつうに受けてちょっとしゃべれるなら、まず落ちるといったことはないと思います(英語以外の語学はちょっとわかりません。すみません・・・)。

そして初日に英語のレベル分けテストがありそこでインターミディエイト(中級)やアッパーインターミディエイト(中級の上)、アドバンス(上級)のように振り分けられるので、とくに心配することもありません。

おそらく学校の規模が大きくなればなるほど、クラス分けも細かくされてるはず。そうした意味では小規模なとこはクラスで英語力ばバラバラになるかもしれないですねぇ、それはちょっと怖いかも・・・

クラスを変えることも可なので安心ですね

ただ僕がそうでしたが、日本人は筆記試験がやたら得意なので、実力よりも上のクラスに入りがち。

ぼくは翌日から入ったクラスで先生やクラスメートが話してる内容がチンプンカンプンで全くついていけず、クラスをひとつ下げてもらいました

よく少し上のクラスのほうが英語力は伸びるといいますけどねぇ、数日間はがんばってみたんですが・・・、(もうダメだ、わからない・・・)といきなり挫折したんです(笑)

その新しいクラスでは先生ももっとゆっくり話してくれ、すごい安心できましたねぇ。よかったよかった。

 

大学への留学はガッツリと学ぶことに

学校で勉強してる様子 画像

まず謝っておきます。ごめんなさい・・・。

ぼくは大学への留学はしたことないので詳しくはわかりません。

ただイギリスではずっと、韓国人ひとり、ブライトン大学に通う日本人ひとり、ぼくの3人で部屋を借りて住んでいました。

日本でも最近よくみるシェアハウスですね。向こうではマンションの1LDKでシェアしてたので、ルームシェアと呼んでました。

あれってとくに海外の学生のあいだでは一般的で、当初のホームステイで消耗してたときにちょうど知り合いから声をかけてもらい決めました。

ちょうど1ヶ月ぐらいたったときだったかな、ホストファミリーの英語も全然わからなかったし、おなじ家のシェアメイトだったコスタリカ人が英語ペラペラだったんで、僕はどうしても居場所が見つけられなかったんです・・・(泣)

もうね、ほんと泣きたかったですよ最初の1ヶ月は。きつかったなぁー。

ただこのコスタリカ人はメチャクチャいいやつで。その後もよく遊びました。

まぁクロアチア人2人を部屋につれこんでチョメチョメしてたり、部屋からは怪しい葉っぱとそれをすり潰す道具がでてきたりと、もう別次元のすごいやつでした。

くったくのない笑顔、脇腹にいれたレゴの可愛いタトゥーがすごかったなぁー。笑

大学に通うルームシェアの仲間をみてて感じたこと

それでルームシェアしてたひとりがブライトン大学に通ってたので良く話しましたが、もうね、とにかく忙しそうでした。ほんと異常なまでに・・・。

彼はアートを専攻してたんですが、毎日のようにでる宿題をまずはすべて訳して理解するところから。

知らない単語だらけですからねぇ、夜遅くに帰ってきて辞書ひいて、それだけでも大変なのに、それからその課題にそったアート作品を真夜中につくってましたね。

いつも夜中の2時ぐらい、ときどき徹夜もしてたようなので、よくきく「海外の大学は卒業するのが大変だ!」ってのはつくづく本当だなと・・・。

あれでよく体壊さないよねぇ。生命力がスゴい!

ただね、あれだけやってりゃ英語の上達もそりゃ速いですよ。語学学校でちんたら勉強するのとは訳がちがって、クラスメートみんなが本気で勉強しにきてるわけですからねぇ。しかもほとんど英語ネイティブのひとたち。

途中でやめちゃう人、ぞくにいうドロップアウトもかなり多いみたいで、やめちゃうぐらいなら語学学校のほうがいい気もしますけど・・・。まぁ目的がちがうのでアレですが。

あと彼のクラスの学生は半分以上が英語圏の学生で、大半はイギリス人だと聞きました。

すると語学のハンデがあるので授業についてくだけでも大変だろうし、それを乗り越えられたら実力と自信がものすごく付いてることでしょう。

いや〜、ぼくには到底むりそうなので語学留学にしといてよかったなぁ。

当時のぼくじゃ絶対に耐えられないとおもいます。

以上、海外留学するときの2つの選択肢について書きました。どちらも一長一短なので参考にしてみてくださいね。

 

語学留学に英語力はどれぐらい必要か?

海外の大学に留学するのであれば、指標となるTOEFLで数字を明確にしてることがほとんどですが、語学留学の場合はとくに必要ありません。

すなわち英語がまったくできなくても基本的には大丈夫です。

語学留学にこれだけの英語力は必要…というのはない

語学学校での勉強風景

よく考えれば当たり前のはなしで、語学留学の目的は英語やスペイン語など、語学を勉強しにいくのが目的です(異文化交流やホームステイなど、ほかにも貴重な経験ができますが・・・)

なかには語学力のさらなるレベルアップのために一定以上の英語力(ぼくが途中からはいったケンブリッジテストのコースがそうだった)を求められることはあるものの、どの学校もだいたいは入門者レベルや初心者コースを用意しているものです。

ただし、じゃぁ勉強しないでホイッと行っていいかというと、それでは高い費用を払っていくんですからもったいないですよねぇ。できるだけ日本にいるうちから英語力の強化に励むべきでしょう。

とくに日本人は文法にはメッポウ強いので、オススメは語彙力を増やしておくこと!

現地ですぐにまわりとなじむために会話力を鍛えておくのもいいものの、どうしても毎回おなじ単語をつかっちゃうんですよねぇ・・・

いつも「good」や「tired」で、その語気を強めることで表現しちゃって、あたらしい単語をなかなか使えない。そうしたことがなんどもありました。まぁ僕だけじゃなくよくありがちなので、現地の授業ではGood禁止令なんてのも課されましたが。笑

「もっと英会話を伸ばしたいなら、意識していろんな言葉をつかうようにしなさい!」ってね。はい、もっともです。ただそれが想像以上にむずかしい・・・

まずどういったシチュエーションでどの言葉を使えばいいかわからなかったのと、いざ会話となると、なかなか口からでてこない。

それに最初こそがんばって使ってみたはいいものの、気づいたら元に戻ってた・・・なんてこともしょっちゅうでしたよ(泣)、もう帰国してからしばらくたちますが、いまだにこれは直っていません。ダメダメですなー。

輸入商社で働いたり、オーストラリア人の妻がいて英語は日常的につかうのにね。

ほんとたまには意識するようにしないと変わらないですな。

ただし、折角いくんだから準備していこう

机で勉強してる画像

まったく英語ができなくてもどうにかなるものですが、ぼくみたいにコミュニケーションが取れなくてホストファミリーとの距離が縮まらないといったことも起こるので、すこしは勉強していったほうがいいですよ。

あとは向こうでの頑張り次第!行くまでにできるかぎりのことはやっておきましょう。

…ちなみに僕はイギリス留学いくまえはTOEIC550、留学後には850ぐらいまで上がりました。ただこれはTOEIC用の勉強を帰国後にやってですし、たんに留学いけば伸びるってわけではあありませんが・・・。

あと、知り合いで1年間アメリカに行っててず〜っと日本人といっしょに行動、さいごまで英語をほとんどつかわずに帰ってきたひとを知ってます。なので英語はまったく話せない・・・。

それはそれで本人の目的次第なのでいいのかもしれませんが、なんか寂しくないですか?せっかくなら流暢に話せるぐらいまで伸ばすつもりで気合いいれていきましょうね。うん。

ぼくもまだネイティブと話すとシドロモドロしちゃうので、がんばります!

 

語学留学の国はどう決める?イギリスに決めた僕の体験談

もう10年以上も前の話ですが、大学を休学して1年の語学留学(英語)を決めたとき、どういう経緯や気持ちでイギリスにしたかを当時を振り返りながら書いてみたいと思います。

 

当時と比べていま違うのは、ネットでの情報収集がしやすくなったこととフィリピンへの語学留学が浸透してきたことだと感じるので、そのあたりも参考程度に書きました。留学を検討中の方の参考になれば幸いです。

留学を決めた経緯

まず小さな頃から海外への憧れが強く、ものごころついた時から両親には「1年ぐらい海外でも言ってこい!」と冗談まじりに軽く言われていました。

 

でもともと国際交流に興味があったため国際学部がある大学を片っ端から受けて、結果的に留学プログラムのある桜美林大学に入学しました。ただ留学しながらも現地の大学に通い単位がとれるコースはダメダメ学生だった僕はえらばず、大学2年が終了した時点で1年間を休学することにしたんです。

 

決めた理由もコレといった強い願望があったわけではなく、海外への興味はあったもののそれよりも日常の退屈さに大きな変化が欲しかった、というのが一番の理由かもしれません。もちろん英語を話せるようになりたい気持ちは持ってたので、じゃあ1年ほど外国に住んでみるのもアリだな…と。

 

大学の友人たちも何のために大学に行ってるのか疑問に感じて自主退学して板前を目指したり、ただチャラチャラと毎日遊んで過ごしたりしてたので、そうした日常に嫌気が指してきたのが大きかったんだと思います。

 

「ちゃんと勉強しろよ!」と今は思いますが、あの当時は勉強することに楽しみのカケラも感じませんでした。

なのに今は勉強したくてしょうがないですからね。こうした発言する人は多いですが、もしあの時に戻れるなら、恋愛や遊びばっかしてないでしっかりと語学でも文化人類学でも夢中になってハマるぐらい勉強すればよかったな。タラレバは二度と起きませんが…。

留学先をイギリスに決めた理由

上記のように、英語の勉強を表面上の面目として海外に1年ほど行くことに決め、次にやることは留学する先の国を決めること。

候補先はこの9ヶ国。

 

  • アメリカ
  • カナダ
  • イギリス
  • アイルランド
  • スコットランド
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • 南アフリカ
  • フィリピン

 

当時はまだ、今のようにフィリピン留学はメジャーではありませんでした。南アフリカを選ぶ人も中にはいたようですが、これもあえて選ぶ必要はないよなと除外。

個人的にアメリカという国にはなぜか拒否反応があったので除外(就職してから駐在したのは選択の余地がなかったので仕方ない…)。

カナダは超寒そうなので除外。

ニュージーランドは高校の行事で3週間のホームステイをしたのでもういいかなと除外。

オーストラリアは大陸として孤立してるしどうなんだろう…と除外(妻はオーストラリア人ですが…)。

アイルランドとスコットランドはアクセントが強烈そうだな…と除外。

 

すると残ったのがイギリス一択になりますね。

 

とまあ消去法で決めたわけではないんですが、おおまかにこうした考えを持っていたのも事実。あと大きな決め手となったのはヨーロッパに対して憧れがあったことと、イギリスは歴史があること、ほかの色々な国との距離が近いので留学中にいろんな国へ旅行がしやすそうだったことが挙げられます。

 

実際に向こうにいるときには、夏休みには旧ユーゴスラビア諸国をまわったり、フランスやオランダに夜行バスと電車で行きました(イギリスとフランス間はドーバー海峡の地下がトンネルでつながってて、公共の交通機関で移動できる)。

 

いまでもイギリスだけじゃなくヨーロッパ全体を身近に感じるのは、1年ほど滞在した経験だけじゃなく、現地で出会ったスイス人やスペイン人などヨーロッパ系の人たちが語学学校に多かったことが影響してるんでしょうね。

疑問点や不安を解消するために

悩んでる男の後ろ姿

と上記だけみると誰にも相談せずに決めたように感じるかもしれませんが、実際には数社の留学エージェントに相談して情報収集をしています。

まずは学校の生協にある留学関連のパンフレットを読みあさり、渋谷(だったかな?)で開催された留学エージェントが集まる合同の個別説明会に参加しました。

 

留学先を決めるとき、フィリピン政府公式認定 語学学校NILSのように語学学校が直接くわしく情報発信をしてるとこがあるとはいえ、ふつうは情報量が少ないだけでなく日本語で発信してるとこは限られます(このNILSはすごいレベルですが…)。

 

なので留学するときには専門の留学エージェントにお願いすることになります。情報を比較するという点からもプロの留学エージェントを利用した方がなにかとメリットが多いです。

 

でこうした語学学校と提携する留学専門のエージェントはそれぞれに特色があるものの、僕はこの合同説明会に参加していたイギリス専門の留学エージェントに色々と相談しました。別の日は彼らのオフィスにお邪魔して話を聞き、すこしずつ疑問点や不安な点を解消していったんです。

 

そんななかで印象に残ってるのが現地に到着初日に送迎サービスをつけたほうがいいのかどうかを聞いたこと。担当者の「現地の送迎サービスはまあ大丈夫でしょう(いらないでしょう)」の言葉で申し込まなかったら、がっつりと偽タクシーに捕まりボッタクリに会いました(涙)

 

つけるつけないも自己責任なので仕方ないものの、これほど他人との感覚って違うんだなぁ…と再認識しましたよ。留学エージェントは海外慣れしてる方で、一方僕はひとりでの海外経験はほとんどなし。高校のニュージーランドのホームステイだって、学校行事だったから行きも帰りもまわりに着いてけば大丈夫でしたからね。

 

初日にボッタクリに会ったことで、嫌が応にも海外ではすべて自己責任だ…!という意識が強くなりました(日本でも同じですが…)。今ではその体験さえもイギリスでの貴重な体験のひとつです。

留学エージェントの選択は大切だよ

僕がイギリスに留学したのはもう10年以上前なので、いまはどういうエージェントがあるのか調べてみました。専門的で良さそうなとこを下にのせておきます。

留学を検討する際の流れとしては、

 

  1. まず気になるエージェントから目的や国別に分かれた資料をもらう。
  2. あるていど渡航先と学校を絞ったうえで個別相談に行く。

 

のがいいと思います。てか僕だったらそうします。

 

いきなり色んな留学エージェントにアポとって行ってもいいですが、ただ闇雲に行くだけじゃ大した相談もできずに終わるのでもったいないです。まずは良さそうな留学エージェントから気になる資料をまとめてもらいましょう。

 

でいま僕が留学するならどこにお願いするかを考えて調べまわった結果、まずはこのヨーク国際留学センターを利用してみると思います。

 

 

見てもらうと分かりますが、ここは留学情報がひと通り網羅されていて、資料も希望国や目的からもらうことができるので便利!セミナーも毎週開催されてるので思い切って参加してみてもいいんじゃないでしょうか。

 

また、留学という形ではなくインターンで働きながら海外にステイする選択肢もあります。語学学校で勉強するだけじゃ得られない貴重な経験ができること間違いありません。給料をもらいながら働けるので将来海外へ住むための第一歩になる場合も多いですね。

海外で働く!有給インターンシッププログラム

 

ハンドメイド販売に役立てたいサービス3つ!


1位 Square(スクエア)

クレジットカード決済をどこよりも簡単に導入できるサービスです。

小さな端末をスマホやタブレットに差し込むだけで使えます。

決済手数料は3.25%と破格の安さで、月額固定費はなんと無料!

現金の持ち合わせがなく買いたくても買えないお客様を逃さないためにも、イベントや実店舗で販売する人は必須です。

 

さらに、4980円のカードリーダーが無料になるキャンペーン中なので、この機会にぜひ導入しておきましょう。


2位 ビスタプリント

名刺、チラシ、マグカップ、Tシャツなどの販促グッズを販売するサイトです。

60種類以上もあるので、ハンドメイド作品の販売に役立つこと間違いなし!

テンプレートがたくさんあって素敵なデザインが簡単に作れます


3位 freee(フリー)

国内シェアNo.1のクラウド会計サービスです。

簿記や会計の知識を必要とせず、自動でデータ入力や仕分けをしてくれます。

ユーザー数はなんと60万人!それだけの人が便利さを実感していることになります。

無料のお試し期間があるので、まずは始めてみるといいでしょう。なんか違うなと思ったらやめればいいだけです。

-留学体験談

Copyright© abroood , 2018 All Rights Reserved.