転職

転職は何歳までが現実的?40代、50代だって自由に挑戦するといいでしょう。

投稿日:

老夫婦が腕を組んで仲良く歩く画像

40代、50代になってから転職するのも一向に構いません。むしろ、やりたいことが見つかったり現状に不満をいだいたまま働き続けるよりも健全です。

ただし、有効な求人数はあきらかに減るので、いままでの経験を生かしたポジションを狙うのがいいのでは…と思います。

とはいえ、それもケースバイケース。同業であればすぐに即戦力として採用されやすいですし、業種の垣根をこえて社長の後任や部長などのハイポジションを別業界の方にお願いすることもあります。

若いほうが転職は有利か?

いまの日本のシステムではいまだ完全歩合制の会社はすくなく、すくなからず年功序列の仕組みが採用されてるところがほとんでしょう。すると企業側は即戦力となる中途採用の人材をみつけるのは大変なので、若い人を採用して育ててくほうが現実的だと感じる会社も多くなります。

海外だと歩合制があたりまえで転職するのがあたりまえだし、30代、40代、いやもっと50代になっても「転職のしやすさ」は変わらないんですけどねぇ…。

日本ではそうじゃないので仕方ありません。

30代を過ぎるとチャンスはないのか?

というと、もちろんそんなことはありません。企業が求める人材にマッチしていれば、40代でも50代でも採用されるのは当然ですね。

ただここで問題となるのが、ハローワークや転職サービスを利用しても、やはり若い世代と比べると求人数は減ります。年齢を増すごとにそれは確実に・・・。

ただ安心してください。

それでも正社員、いやそこまでいかなくても派遣やパートなど、探せば職はあるものです。そのためにはガムシャラに手当たり次第さがすだけでなく、いかに効率よく希望にちかい案件を探すかが大切になってくるでしょう。

このブログでも今後すこしづつ紹介していくつもりですが、いろいろな悩みや疑問点を相談できる転職サービスを利用するべきです。

いまやそうしたサービスは数十いや数百といってもいいぐらい乱立してますので、オススメのものを特徴とともにまとめていきますよ。時間がかかりそうですので、気長にお待ちくださいね。(急いでる方すみません…)

在職時に他者から引き抜きも

ぼくは前職が食品商社で、転職してくる人や、同業種でライバル企業に転職するひとなど、いろんな人をみてきました。

なかでも印象的でよくある話が、倒産してすぐ「同業他社」で働きはじめてる人。小さな乳製品の工場長だったのに、倒産して1ヶ月後には他の食品会社の工場長をやっていました。

それに僕が働いてた会社自体も、むかしの大手食品商社「東食」が倒産して、その乳製品事業部がはじめた会社でしたし、「倒産」という話がライバル企業や同業社の耳にはいると、ノウハウやその営業力などがある人材の争奪戦がはじまる…といっても過言ではないでしょう。

そりゃ業界に精通した優秀な人材をとりたいですからね。即戦力になるだけじゃなく、べつのノウハウやコネクションを持ってることは間違いありませんので。

倒産時はわかりやすいため一時的な「人材獲得バブル」になりますが、これはなにも会社が危ないときに限った話ではありません。在職中にふだんから他社との横のつながりを作っておくことで、ふとしたキッカケで転職を意識することもでてくるでしょう。

接待の飲み会や週末のゴルフコンペなど、なにかと同業他社と知り合う機会をもっておくと、転職やその他のおいしい話にありつける可能性もたかまりますよ。

とくに求人案件が少ない40代、50代の方にとっては、こうした方法が有効に働くことも多々あるはずです。

40代、50代の転職は、もちろんアリ!

こうした結論になります。

やりかた次第で成功する可能性がグンとあがりますので、たんに転職サービスに登録するだけではなく、いままで培ってきたコネをつかって探すのも、おおいに期待できますね。

ただそのときにはガツガツしてしまうと、決まるものも決まらなくなってしまうので注意が必要です。

-転職

Copyright© abroood , 2018 All Rights Reserved.