パース(Perth)

来年はオーストラリアのパースに住む…かもしれない。

更新日:

突然のように降ってわいてきたハナシ。

といっても何か特別に仕事があるとかじゃなくて、東京から名古屋に逃げるようにきてから1年たち、収入面も以前にくらべ安定してきて(ここ大事!いきなりゼロになる可能性があるのがネットの世界。こわい…泣)、じゃあこれから将来どうしようかな…と。

 

ネットがつながれば仕事ができるのでどこにいようと一緒だし、現にこの前スリランカに3週間いたときもそれなりにやってましたからね。蚊取り線香でケムリがもくもくと立ち込める中で(苦笑)

 

パースに一度は住んでみたい

将来をかんがえたときに、いちどはオーストラリアのパースに住んでみることは必須だと思うんですよ。妻のホームタウンはパースなので、子どもをもつとしたらある程度の期間はどっかしらに拠点を持つ必要があるだろうし、日本とスリランカはなんとなく分かったので、あと候補のひとつとして最低でも数ヶ月、まあ1年ぐらいはパースに住んでみてもいいんじゃないかなと。

 

ぼく自身、イギリスにいたときは学生だったし、ロサンゼルス(LA)にいたときは結果的に鬱病になったので、海外に住むことにどのていど適応できるのか未知数なとこがあります。住み始めりゃどうにかなるっていう意見もあるでしょうが、仕事のストレスが直接の原因だったとはいえ、LAでは鬱病になってますからね。もう二度とゴメンだぜぃ。

 

それにイギリス、アメリカと同様にオーストラリアも欧米文化圏とはいえ、国や都市により国民性や出会う人たちも変わってきますし、なによりも自分自身の年齢や仕事、柔軟性だって異なります。だからパースという都市はまだ旅行でしか滞在してないので、もうすこし長期間にわたり住んでみたい…ということです。

 

まだ先のことなので今年に集中〜

移動できる範囲をもっと増やしたい…。気軽にホイホイ行って楽しめる先を増やしたいってのも理由ですな。花粉で苦しむ春と秋の逃亡先になるかもしれません。身軽に移動できる先をいくつも持っておきたい。

 

とはいえ、まだあと1年以上も先のことなので全然わかりませんけどね。

オーストラリアはコーラ1本が500円とか、物価が日本よりはるかに高いですし、車がないと生活もできないようなとこなので…。妻がオーストラリア人とはいえビザの手続きをどうすりゃいいとか、調べること、やることは山積みです。

 

そのご無事に永住権を取得して住みはじめました。⇒ 永住権を取得してオーストラリア(パース)に移住。1ヶ月生活してみた感想

ハンドメイド販売に役立てたいサービス3つ!


1位 Square(スクエア)

クレジットカード決済をどこよりも簡単に導入できるサービスです。

小さな端末をスマホやタブレットに差し込むだけで使えます。

決済手数料は3.25%と破格の安さで、月額固定費はなんと無料!

現金の持ち合わせがなく買いたくても買えないお客様を逃さないためにも、イベントや実店舗で販売する人は必須です。

 

さらに、4980円のカードリーダーが無料になるキャンペーン中なので、この機会にぜひ導入しておきましょう。


2位 ビスタプリント

名刺、チラシ、マグカップ、Tシャツなどの販促グッズを販売するサイトです。

60種類以上もあるので、ハンドメイド作品の販売に役立つこと間違いなし!

テンプレートがたくさんあって素敵なデザインが簡単に作れます


3位 freee(フリー)

国内シェアNo.1のクラウド会計サービスです。

簿記や会計の知識を必要とせず、自動でデータ入力や仕分けをしてくれます。

ユーザー数はなんと60万人!それだけの人が便利さを実感していることになります。

無料のお試し期間があるので、まずは始めてみるといいでしょう。なんか違うなと思ったらやめればいいだけです。

-パース(Perth)

Copyright© abroood , 2018 All Rights Reserved.